今季序盤にけがで試合から離れるも、天皇杯2回戦と3回戦で先発し、抜かりない守備を見せたDF高橋勇利也。J2仙台などでGKとしてプレーした高橋範夫さんを父親に持つ。左足の技術と181センチの長身を生かし、リーグ後半戦の切り札となる。

―昨日(22日の天皇杯・浦和戦、1-0)は素晴らしいゲームでした。一夜明けていかがですか。

 人生で一番多くのサポーターの皆さんの前で、大きい勝利ができたので、一番うれしいと言っても過言ではないかなと思います。緊張はちょっとありましたが、もう自分たちは立ち向かうだけでした。(大槻毅)監督も気合い入っていましたし、自分もチャレンジャー精神だけ持って試合に挑めました。あれだけ浦和サポーターがいましたが、...