お墓や着物などで目にする家紋。皆さんは自分の家の家紋を知っていますか。多くは動物、植物などがモチーフになっています。さまざまな種類があり、日本のどの家にも家紋があるそうです。近年では自分の家紋を知らない人が増えてきており、このままでは家紋の文化が消えてしまうかもしれません。

 家紋は構造的な類似性に基づいて241に分類され、5116種類が存在すると言われています。また、既に失われた紋や、この中に含まれない紋も存在しています。

 家紋は自らの家系や家柄、地位を表すために用いられてきたと伝わりますが、その歴史は諸説あります。平安時代までさかのぼり、それまでは家紋に由来するような文様が存在したようですが、調度品などに多く見られるため、装飾が主な目的とされていたようです。後に貴族が各家固有の目印として使用し、その流れで公家など一部の特権階級のみが独自の紋を人目につくように牛車などに付けて披露しました。それが、家紋を見ただけで家柄が通じるようになった始まりのようです。

 その後、鎌倉時代の武家社会にも浸透し、武将は旗に大きく家紋を描き、戦場で敵味方の区別、そして大将からはどの武将がどれだけ活躍しているかの判断に使われたそうです。武家はそれぞれ独自の家紋を持つようになり、武具や着物などに多く用いられたと言われています。その頃は勝手な文様は使用できず、主君から下賜され許可を得て使用したようです。

 明治時代になると「紋付き袴(はかま)」の黒紋入りの着物が一般的になり、どの家にも家紋が必要になりました。そこで代々続く武家以外の庶民は、家紋を比較的自由に決めていたようです。

 私の家の家紋は「丸二三ツ柏」です。柏とは神様にお供え物をする時、柏の葉に食材を炊くのに使用していたことから神事につながります。神社参拝の際に「かしわ手」といって手をたたく動作がありますが、この柏からきています。神様に関わる家が、この家紋を使っていたのが分かると思います。

 家紋を知ることは家を知ることです。知れば知るほど奥深く面白いものです。歴史を知る意味で、自分の家の家紋を調べてみてはいかがでしょうか。調べる場合、祖父母や親族に聞くのが一番です。分からない場合はご先祖の墓石や親の着物、昔の食器やたんす、さらには仏壇などに手掛かりがあるかもしれません。

 家紋の在り方は昔と今では大きく異なっています。持っても持たなくても良いですし、自分好みの紋を使用しても良いと自由度が増しています。自分ならではのオリジナルの家紋を作ってみるのも面白いかもしれません。



鈴木造花店社長 小堀良武

 【略歴】2019年から、おもい・つむぎ財団「みんなのアートプロジェクト」ディレクター。大学で仏教を学ぶ。真言宗豊山派の僧侶。関学附高―大正大卒。

2021/10/27掲載