米最高裁前で人工妊娠中絶に関する判断に抗議する人たち=24日、ワシントン(共同)

 【ワシントン共同】「女性に出産を強要するな」「中絶の選択は人権だ」。米連邦最高裁が人工妊娠中絶の権利を認めた判決を覆したことを受け、米各地で24日、抗議デモが相次いだ。首都ワシントンの最高裁前には女性を中心に数百人が集まり、憤りをあらわにした。

 デモを警戒して高さ約2・5メートルのフェンスが設置された最高裁前で、集まった人たちは「女性に対する攻撃だ」などと声を上げた。「銃は規制せず、女性の体を規制するのか」。銃乱射事件が相次ぐ中、最高裁が銃所持の権利を尊重する判断を示したことを皮肉るプラカードを掲げた人も。