高橋さんが選び抜いた暮らしの道具が並ぶ店内
桐生市相生町1―195―7
TEL :0277・52・5250

東京都内から桐生市に移住した店主の高橋千草さんが2020年4月にオープンした。高橋さんが選び抜いた、衣食住全般にわたる「暮らしの道具」を扱っている。
柿渋を塗った紙製のちりとり(小で1430円)と小ぼうき(1430円)は、高橋さんお薦めの逸品。同店オリジナルの洋服「h.b」のコットンリネン素材を使ったシャツは、自然で優しい肌触りが人気という。
器やキッチン用品、タオル、ハーブティー。ずっと大切に愛用したいと思える、暮らしと気持ちを豊かにしてくれる道具の数々がそろう。
高橋さんは「毎日使うものほど好きなものに触れてほしい。当たり前の日常がいとおしくなりますよ」と話している。
作家や企業が手掛けたこだわりの雑貨を紹介する企画展も随時開催。現在、新潟県のファクトリーブランド「ao」のガーゼ服などを展示販売している。

【営業時間】午前11時~午後5時。日、月曜定休。不定休あり。