群馬県内は26日、高気圧に覆われて気温が上昇した。伊勢崎では午後1時すぎに最高気温36.8度を観測。40.2度を記録した前日に続き、2日連続で全国で最も暑くなった。県内は27日も厳しい暑さが予想され、昼すぎから荒天となる恐れもある。

 26日の各地の最高気温は、桐生で全国9位となる36.0度、館林35.9度、上里見(高崎)35.8度、前橋35.5度など。伊勢崎と合わせた計5地点で、35度以上の猛暑日となった。

 前橋地方気象台によると、県内は27日昼すぎから夜の始めごろにかけて、大気の状態が非常に不安定になる見込み。落雷や激しい雨、竜巻などの突風、降ひょうなどに注意するよう呼びかけている。同日の予想最高気温は前橋38度、みなかみ32度。今後1週間は35度前後の厳しい暑さが続くと予想している。