わずかな日陰を求め、信号待ちする歩行者=27日午後1時ごろ、前橋市内

 気象庁は27日、群馬県を含む関東甲信が梅雨明けしたとみられると発表した。平年より22日早く、記録が残る1951年以降で最も早い。6月6日ごろの梅雨入りから3週間という異例の短さとなった。

 県内は27日、昼過ぎから夜の初めごろにかけて、大気の状態が非常に不安定となる見込み。前橋地方気象台は激しい雨や突風、ひょうなどへの注意を呼びかけている。

詳しくはこちら