赤城山の東側から栃木県南西部にかけて広がる足尾山地には、足尾の銅の他にも地下資源があります。石灰、マンガン、花こう岩(御影石)などです。このうち石灰は銅山の事業とも関わりが深く、鉱石から銅を取り出す製錬所で鉱石内の不要物を分離する熔剤などに、排水処理の浄水場で中和除害に使われました(浄水場は閉山後も稼働)。

 桐生市梅田町はかつて、足尾で使う石灰の供給地でした。銅山の協力事業者が採掘した後、貨物用ロープウエーで現在のみどり市東町沢入まで山を越え、その先は簡易軌道の馬車(後に足尾鉄道)で運びました。1939(昭和14)年発行の「山田郡誌」には、1899(明治32)年に採掘を始め、1921(大正10)年に運搬などの都合で閉鎖した、とあります。

 一方、梅田の事業開始と同じ頃、現栃木市鍋山町で石灰採掘を始めた人がいました。銅山再興を進めた古河市兵衛とよしみを結び、栃木-東京の水運に協力した岡田嘉右衛門(岡田孝一)です。鍋山も足尾で使う石灰の供給地となりました。供給の開始は明治期とも、大正初期の足尾鉄道開通後ともいわれます。

 銅山の石灰調達は詳細が不明ですが、山田郡誌の記述に沿って梅田の歩みを考えてみます。始まりは、足尾で浄水場などの大規模な除害施設が整備され、石灰の需要が増大した時期です。閉鎖は、足尾鉄道の開通で栃木-足尾が直結、鍋山産が直送されるようになった後です。

 銅山の輸送能力が低かった明治期においても、必要な資材は遠方から運び込んでいました。そのような中、重量物である石灰の需要増大は新たな輸送問題をはらんだでしょう。従って、近隣で石灰を調達することが長距離輸送の総量抑制となり、経営に資することだったのではないでしょうか。鉄道開通前は梅田に距離的な利点があり、開通後はそれが低下した、と考えます。やがて石灰の調達は、運搬・採掘とも条件の良い鍋山に一本化されたようです。

 銅山が公害防除の伴った生産に努める中、この両方を支えたのが梅田であり鍋山でした。足尾の銅鉱石、九州や北海道などの石炭から作ったコークス、そして石灰、これらの地下資源が一緒に溶鉱炉へ入れられ、銅が取り出されました。銅は電線となって市場に供給、わが国の産業を動かしてきたのです。

 今、国内の金属鉱山はわずかですが、製錬所は各地にあって、輸入鉱石から金属を取り出しています。一方、石灰は今も全国各地で採掘され、各種工業、土木建築業、農業、公害防除など、多用途に使用されています。石油、石炭、石材、砕石を含め、私たちの暮らしは地下資源の利用で成り立っており、その重要性は今も昔も変わりません。地下資源に関わり働く皆さまに感謝したいと思います。



元足尾を語る会会員 坂本寛明 太田市

 【略歴】幼いころ足尾銅山の壮大な世界に魅了され、足尾を語る会などで銅山の歴史を伝える活動を行う。2019年11月に「何かの役に立つ足尾銅山の話」を出版。

2021/08/23掲載