電車で異音が確認され一時運転を見合わせたJR両毛線について、JR東日本高崎支社は27日、上下3本の電車に最大34分の遅れが生じ、乗客約410人に影響したと発表した。

 同支社によると、小山発高崎行き上り普通電車(4両編成)が同日午後3時過ぎ、みどり市笠懸町鹿の岩宿―国定間を走行中に異常な音を感知して停止した。両毛線は新前橋―桐生間の上下線で一時、運転を見合わせた。車両点検と安全確認を行い、午後3時40分ごろ運転を再開。停止した電車を含め上下3本に最大34分の遅れが生じた。