広瀬団地(前橋市広瀬町)で活動する前橋工科大の学生は7月2、3の両日、団地近くの飯玉神社で開かれる七夕祭りの会場で、子ども向けの工作イベントを開く。貯金箱や小物入れに使える家の模型をデザインし、記念写真と合わせてプレゼントする。

 「りそうのいえをつくろう!」と題し、広瀬団地に建てるとしたらどんな家がいいか考えてもらう。スチレンボードという板で作った高さ12センチの模型に色を塗ったり、煙突を配置したりする。
 
 予約不要で、両日とも午前10時~午後4時。問い合わせは同大の斎藤なる美さんにメール(m1951019@maebashi-it.ac.jp)で。

>>「Rebirth団地再生」これまでの記事はこちら