式典であいさつする福田会長

 「ぐんま日本花の会」(福田具可(ともよし)会長)の設立20周年記念事業が、群馬県前橋市柏倉町の県花と緑の学習館で開かれた。県内から会員約50人が参加し、同会の歩みを振り返った。

 記念式典で福田会長は「花によるまちづくりの重要性を再確認し、これからの活動意欲を高めましょう」と呼びかけた。ほかに、日本花の会特任研究員の和田博幸さんを招いた講演、事業継承問題などを考えるシンポジウムも行われた。

 同会は2002年に設立。花と緑にあふれるまちづくりの推進や、花を通じた情操教育「花育」の実践に取り組んでいる。