倒壊する前の住宅(提供写真)

 26日午後10時35分ごろ、群馬県太田市新田大根町の男性(75)方が倒壊していると近隣住民から119番通報があった。木造2階建て住宅が全壊し、男性が建物の下敷きになって約2時間半後に救出された。男性はがれきに左ひざを圧迫され、軽傷を負った。

 太田署によると、男性は1人暮らし。発生時に地震や強い風はなかった。住宅は築約90年だったという。老朽化による自然倒壊の可能性もあるとみて、原因を調べている。

 近くに住む女性(46)は「バキバキという音が3、4回聞こえた後、数分後にガーと大きな音が聞こえた。外に出たら砂煙で周りが見えなかった」と驚いた様子だった。別の女性(81)は「以前から家が傾いていてつぶれそうだと心配していた」と話した。

【動画】家屋が倒壊し住民の男性が下敷き 群馬県太田市