コンコン平付近で咲くレンゲツツジ。強い日差しの下、色鮮やかな花びらが高原のすがすがしい風に揺れる

 嬬恋村と長野県東御市にまたがる湯の丸高原のレンゲツツジが、訪れたハイカーの目を楽しませている。約60万株が群生し、広大な山野を赤い花と木々の緑が彩っている。

 上信越高原国立公園内の鹿沢インフォメーションセンターによると、リフトの終着点にあるコンコン平(1800メートル)付近で主に咲いている。

 群生地近くでは、ツマトリソウやベニサラサドウダンといった高山植物も楽しめる。