フィンランドとスウェーデンのNATO加盟支持をトルコと合意後、記者会見で明らかにするストルテンベルグNATO事務総長=28日、スペイン・マドリード(ゲッティ=共同)

 【マドリード共同=田中寛、伊藤慎司】北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は28日、ロシアのウクライナ侵攻を受けて北欧のフィンランドとスウェーデンが申請していた加盟を、トルコが容認することで2国と合意したと明らかにした。安全保障上の懸念を理由にした反対から一転、テロ容疑者引き渡しなどの要求が受け入れられたと判断したとみられる。2国の加盟は確実な情勢となった。NATOの防衛力は飛躍的に向上するが、ロシアの反発は必至だ。

 トルコは、テロ組織と見なす非合法組織クルド労働者党(PKK)を2国が支援しているとして加盟に反対していた。