熱中症の危険性が極めて高くなる状況が予測されるとして、環境省と気象庁は30日午前5時、同日の群馬県内に「熱中症警戒アラート」を発表した。今季の発表は29日に続き2日連続。

 気温や湿度、日射量などから推定する暑さ指数は、上里見(高崎市)と桐生、伊勢崎がいずれも33、前橋と館林がともに32、西野牧(下仁田町)と神流、中之条がいずれも31。31以上は「危険」とされている。

 環境省と気象庁は、外出はなるべく避け、室内をエアコンなどで涼しい環境にして過ごすよう呼びかけている。高齢者のほか、子ども、持病のある人、肥満の人、障害者らは、熱中症にかかりやすいとして、休憩に加え、喉が乾く前から時間を決めて、小まめな水分補給(目安は1日当たり1.2リットル)を積極的に行うことも促している。

 30日の予想最高気温は南部(前橋)38度、北部(みなかみ)32度。