治癒率の高いがんとして前立腺がんや乳がんが挙げられますが、すい臓がんは逆に治癒率の低いがんです。

 私の母は桐生厚生病院に循環器疾患で入院し、念のため行った心臓CTの検査で多数の肝転移が写り、かなり進行したすい臓がんが見つかりました。私と妹は医師からあと3カ月と告げられました。

 退院後に外来となり、はじめのうちは食欲もあり、つえはつきながらもしっかりした足どりで、言われた3カ月はほどなく過ぎていきました。その後何度か救急車のお世話にもなって入退院を繰り返し、2年が過ぎた頃、再度の入院。高熱が続き意識も朦朧(もうろう)とし、ほとんど寝たきり状態でした。

 急性期の病院なので、毎回入院するとすぐ「転院するか自宅に帰るか、次を考えておいてください」と伝えられます。母の希望もあり、状態が落ち着くと自宅で過ごしていました。でも、「今回は在宅は無理だろう」と、病院の連携室や担当のケアマネジャーの方が内科病棟での転院先を探してくれていました。なかなか見つからないでいたある日、ケアマネジャーから、東邦病院の緩和ケア病棟はどうかと提案がありました。

 医師の面談の後、転院が決まり、移ったその日のお昼はカレーライス。末期のすい臓がんの患者には想像もつかないメニューです。母は「まあ! カレーライス」と、すごくうれしそうでした。

 食べたいものは何を食べてもいい、好きなように過ごしていい、家族も時間の制限なくそばにいていい―。

 それまでの入院先の医師は、外来や検査で忙しいこともあり、入院患者のところに来ても「どうですか?」「変わったことはないですか?」と二言三言で行ってしまいました。母はそういうものだと思いながらも、家族にも言えない不安や恐れや悲しみを心に抱えていたのだと思います。

 8人きょうだいの上から2番目、長女だった母は辛抱強く、しっかり者で優しい昭和1桁生まれの女性です。転院先で医師が枕元に座り、長い時間じっくりと話を聞いてくれ、話をしてくれたことで、口にはしない死への恐れや不安を受け止めてもらえ、心が安らかになれたようでした。

 終末期を迎えた患者にとって、緩和ケア病棟という選択もあるということを知ってほしいと思いこの文を書かせていただきました。

 WHOは緩和ケアを「生命を脅かす病に関連する問題に直面している患者とその家族のQOLを、痛みやその他の身体的・心理社会的・スピリチュアルな問題を早期に見出し的確に評価を行い対応することで、苦痛を予防し和らげることを通して向上させるアプローチである」と定義します。県のホームページによると、緩和ケア病棟は県内でわずか6施設。今後さらに増えてほしいと感じています。



マンモグラフィトレーニングスクール代表、診療放射線技師 新井敏子 桐生市相生町

 【略歴】定年まで病院勤務。乳がんに関する講習会の講師歴約20年。2020年7月、乳がんや検診の啓発、放射線技師の技能向上のため、桐生市内に同スクールを開校。

2021/02/27掲載