県警が作製した新たなポスター

 1996年7月7日に群馬県太田市のパチンコ店から横山ゆかりちゃん=当時(4)=の行方が分からなくなった事件で、警察庁は有力な手掛かりとなる情報提供者に支払う公的懸賞金(捜査特別報奨金、上限額300万円)の受け付けを1日から1年間延長する。

 太田遊技業防犯協力会も独自の謝礼金(同300万円)を出し、公的懸賞金と合わせた上限額は600万円となる。

 延長に伴い、県警は更新したポスターを全国で掲示するほか、チラシやポケットティッシュを各地で配布。3日はイオンモール太田で情報提供を呼びかける。

 県警によると、太田署の捜査本部は現在40人態勢。5月末までに累計5285件の情報が寄せられており、8割が重要参考人、1割がゆかりちゃんに関する情報だという。県警は「一日も早いゆかりちゃんの保護のため、ささいな情報でも提供してほしい」としている。情報提供は太田署の捜査本部(フリーダイヤル0120-889-324)へ。

【関連記事】ゆかりちゃん事件に関する記事はこちら