桐生ふるさと大使を務めるお笑いコンビ「ワンクッション」の佐藤涼平さん(38)=同市新里町=が立ち上げた駄菓子屋「よこまちや」(同市横山町)が3日、オープンした。開業を記念して1本のひもに見立てた、お菓子のテープカットが行われた=写真

 店は歯科材料製造の新見化学工業(新見直広社長)敷地内にあり、社員休憩所として使われていた長屋を改修した。

 提供する駄菓子はグミからカップ麺まで幅広く、価格も10~120円と安価。昔懐かしいコインゲーム(1回10円)や射的(1回30円)も用意している。

 第1号の来店客となった南沢良樹さん(伊勢崎市境町)は「懐かしい気持ちになった」と感慨深げ。2015年からワンクッションを応援しているという青木由美香さん(高崎市棟高町)は「この活動を通じてワンクッションを知り、ライブにも来てほしい」と話した。

 店主の佐藤さんは「楽しく元気な子どもたちの声が響くような駄菓子屋にしたい」と意気込んでいる。

 平日午後3~6時(土日は午前10時~午後4時)。不定休。問い合わせは佐藤さん(☎090-9803-6094)へ。

群馬のオープン閉店情報はこちらのページから