2日午後11時ごろ、埼玉県上里町七本木の関越道上り線で、横転していた乗用車に後続の大型トラックや乗用車など計7台が次々と追突する事故が起きた。事故の影響で上り線は藤岡ジャンクション(JCT)―本庄児玉インターチェンジ(IC)で3日午前0時5分から約7時間にわたり通行止めとなった。

 埼玉県警高速隊によると、横転した乗用車の男性運転手(45)=群馬県富岡市=が重傷を負うなど計4人がけがをした。同隊が事故原因などを調べている。