看板メニューのもつ煮定食(赤みそ)。国産もつを使い、しっかりとした味付けに仕上げた
ボリューム満点の唐揚げ定食(6個)。もつ煮と並んで好評だという

 もつ煮専門店「いるく食堂」が前橋市富士見町小沢にオープンした。看板メニューのもつ煮は、味の特長が異なる白みそ、赤みそがベースの2種類を用意。リーズナブルな価格で、おなかいっぱい食べられる。

 国産のもつを使い、やわらかく煮込んでいる。白みそは、にんにくを使わず、誰でも食べやすい味に仕上げた。一方の赤みそは、にんにくとしょうがを利かせ、しっかりとした味わいに。好みや気分に合わせ、お気に入りの味を探すのも良い。

 白みそと赤みそを選べる「もつ煮定食」(650円)は、ご飯と小鉢、みそ汁が付く。お手ごろ価格ながらおなかを満たしてくれる。日替わり定食(750~1000円)は、もつ煮のほか、唐揚げやとんかつといったおかずが楽しめる人気メニューだ。

 唐揚げ定食(4個730円、6個880円)の唐揚げは、鶏もも肉1枚を三つに切り、ボリュームは満点。もつ煮と並んで好評だという。

 店舗は前橋市内でイタリア料理店「イルクオーレ」、焼き鳥店「とり心」を展開するコミュニケーションが運営。市街地から距離はあるものの、開店後の反応は上々だという。

 営業時間は午前11時~午後3時半。テイクアウトは午後6時まで。月曜定休のほか不定休。電話は027-212-4253。