2020年8月に群馬県太田市内の民家で起きた強盗事件で、県警捜査1課と太田署は5日、住居侵入と強盗の疑いで、伊勢崎市の無職の男(68)を再逮捕した。逮捕は3回目。

 再逮捕容疑は20年8月11日午後11時半ごろ、この民家に侵入し、住人の女性会社員=当時(55)=や家族が所有する現金計約10万3600円などが入ったバッグ2個を盗み、寝ていた女性に見つかり、奪い返されるのを防ぐためバッグを振り回すなどして暴行を加えた疑い。

 県警によると、「パチンコ代が欲しかった」と供述し、容疑を認めている。女性は右膝に擦り傷を負った。橋場容疑者は太田市内で起きた路上強盗事件に関与したとして6月15日に強盗容疑で再逮捕されるなどしていた。