前橋地方気象台によると、群馬県内には温かく湿った空気が流れ込んでおり、台風4号から変わった温帯低気圧の影響を受け、7日にかけて大雨になる恐れがある。

 5日夜遅くにかけ、雷を伴い1時間に30ミリ以上の激しい雨が降る所もある見通し。気象台は7日にかけて、大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などに警戒するよう呼びかけている。さらに、落雷や突風に加え、ひょうが降る恐れもあるとして注意が必要としている。

 5日に予想される1時間当たりの降水量はいずれも多い所で、南部、北部とも40ミリ。6日に予想される1時間降水量は、南部、北部とも20ミリとなる見込み。5日午後6時からの24時間降水量は、南部、北部とも80ミリ、6日午後6時からの24時間では、南部、北部とも50~100ミリと予想している。