子どもたちに学びの場を提供する「伊勢崎てらこや実行委員会」(嶋岡崇宗会長)は、群馬県伊勢崎市柴町の田んぼで田植え体験会を行った。市内の小学1~4年生60人と未就学児が作業を楽しんだ=写真

 子どもたちは泥まみれになりながら夢中になって苗を植えた。嶋岡会長は「米ができる過程を知ってほしかった。みんな楽しんでくれて良かった」と話した。11月に収穫する予定。