国内の繊維産業は衰退の一途をたどっていると言われます。しかし私はコロナ禍の2年間で、日本の繊維産業の底力を実感しました。

 突然始まったマスク需要に対し、即座に対応策を見いだしたのは都内の企画会社などではなく、地方に根付く地場の製造会社の方たちでした。ものづくりに深く携わるからこそ出せるアイデアで、繊維自体に機能性を施したものや糸の作り方からこだわったもの、鮮やかな柄が刺しゅうされたり織り込まれりしたものなど、桐生からも実にたくさんのバリエーションのマスクが生まれました。

 それまで目まぐるしく回っていたファッション産業の動きがピタリと止まり、繊維製品がほぼ売れなくなってしまいました。この難局を生き抜くため、製造業の皆さんは必死でした。業界の一員として私もこの状況は怖かったのですが、同時に新鮮な空気と楽しさを感じました。作り手の皆さんがとても生き生きしていたからです。

 他国に生産を依存していた会社が日本国内に生産を戻す動きも、この時生まれました。経済は止まってしまった。けれど何もしないわけにはいかない。世の中に役立つためのものづくりとは何だろう、と多くの人が立ち止まって考え直す機会になりました。

 そして、日本にまだ製造会社がたくさん残っていること、職人が残っていることの価値の大きさに気付いたのです。他国に依存しなくても全て自国で生産ラインを完結できる強みがかろうじて残っていることは、改めて誇りに思うべきだと感じました。

 もちろん、全ての企業がこの大きな変化に瞬時に順応できるわけではありません。下請け気質だった今までの体制から急に自発的になるのは難しいことです。だからこそ、出せる答えは一つだけではなく多様であるべきだと考えます。

 例えば繊維業では、コロナ禍でファクトリーブランドの運営がとても増えましたが、それだけが答えではないはずです。オンラインショップで在庫の生地を自ら販売したり、売り先を増やすため新規開拓したりと、方法はいろいろあります。無理をせず、少しずつ社会の変化に順応すべきでしょう。

 いずれにせよ、会社の特性を改めて見つめ直し、誰かに頼るのではなく自分たちで完結できるものづくりの強さを極めていくことが重要です。

 新型コロナが収束したとしても、現在の世界情勢や気候危機などを見ていると、いつまた危機的状況がやってくるか分かりません。だからこそ、この気付きを得たことに感謝し、自分たちの生活を自分たち自身で守ることができる経済の仕組みをつくることや、さらには社会全体としても衣食住が自国で完結できる仕組みづくりを再考し続ける必要があると考えます。

 【略歴】国内外の大学でテキスタイルを学び、桐生市の織物メーカー、桐生整染商事に入社。シルクに特化した自社ブランドを立ち上げた。川崎市出身。多摩美術大卒。

2022/7/6掲載