ベテラン守備陣が離脱する中、センターバックとして守備をけん引するDF城和隼颯。穏やかな性格だが、言葉の端々から負けん気の強さが表れている。

―前節(0-2新潟)は序盤の失点がもったいなかったです。失点シーンを振り返っていかがですか。

 試合の最初の入りのところで、相手は前に蹴ってきた中、自分たちはつなごうとしたところで相手に取られ、そこからコーナーキックを取られてという形からでした。セカンドボールを拾われ、クロスを上げられての失点でした。僕がクロスに触れていればということもありましたし、...