タイフェアの対象商品を紹介するベイシアの相木孝仁社長(左)とシントン大使

 スーパーを展開するベイシア(群馬県前橋市亀里町、相木孝仁社長)は6日、在日タイ大使館と連携し、系列の112店舗でタイ産の食材や弁当、調味料などを販売する「タイフェア」を始めた。タイ料理を新たな定番の家庭料理としてPRしつつ、コロナ下で広がった中食・自炊ブームと結び付けて関連商品の販路拡大につなげる。大使館監修の下、本場の味を提供して「タイ料理ブーム」をけん引したい考え。19日まで。