群馬県内は暖かく湿った空気と上空の寒気の影響で、7日にかけて大気の状態が不安定になり、大雨となる恐れがある。前橋地方気象台は土砂災害や河川の増水などに注意するよう呼びかけている。

 気象台の発表によると、6日は夜の初めごろまで雷を伴って1時間に30ミリ以上の激しい雨の降る恐れがあり、警報級の大雨となる可能性がある。7日は明け方にかけて、大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意を呼びかけている。落雷や突風、降ひょうの可能性もあるとしている。

 予想される1時間降水量は、6日は南部、北部共に多い所で30ミリ、7日は南部、北部共に多い所で20ミリ。7日の最高気温は前橋31度、みなかみ27度と予想している。