夕暮れに幻想的に咲くオオマツヨイグサ

 夕暮れから鮮やかな黄色い花を咲かせるオオマツヨイグサが、伊勢崎市宮子町の広瀬川沿いで咲き誇り、散策する人の目を楽しませている。

 地域住民でつくる「龍宮フラワーロードの会」(井上安夫代表)が毎年整備している。午後7時ごろに訪れると、一輪また一輪と咲き始め、土手沿いを染めていた。

 井上代表は「今年は花の咲き具合が良く、多くのカメラマンが撮影に訪れている」と話した。