会議の冒頭であいさつする山本知事(右)

 群馬県市長会(会長・清水聖義太田市長)と山本一太知事の意見交換会が6日、前橋市の群馬会館で開かれ、マイナンバーの交付率向上施策や農地転用の規制緩和などについて話し合った。

 会議の冒頭で清水会長が「地域のために協力しながら、群馬県を上向きにしていきたい」とあいさつ。山本知事も「県が何を言っても、市町村と連携しないと絵に描いた餅。皆さんといろいろな問題について議論したい」と述べた。

 意見交換会は県と市の相互理解の促進などを目的に年2回開いている。