内山社長・主筆(右)に銅メダルを見せながら歓談する由井選手=上毛新聞社

 6月にポルトガルで開催されたパラ競泳世界選手権の女子200メートル自由形(運動機能障害S5)と同200メートル個人メドレー(同SM5)の2種目で銅メダルを獲得した由井真緒里(上武大、前橋西高出身)が6日、前橋市の上毛新聞社を訪れた。内山充社長・主筆と懇談し「二つも銅メダルを取れると思ってもいなかった。課題を克服し、またメダル争いができるようにしたい」と大会を振り返りつつ、2年後のパリ・パラリンピックへの決意を語った。...