投手としても143キロを投げる強肩の三塚 みつか・るい 2004年5月生まれ。千葉逆井中、八千代中央シニア出身。182センチ、88キロ。左投げ左打ち。
投打でチームを引っ張る内田 うちだ・しょうだい 2004年9月生まれ。長野小海中、群馬西毛ボーイズ出身。183センチ、85キロ。右投げ右打ち。

 高校野球の第104回全国選手権群馬大会が9日開幕し、夏の甲子園出場を目指して65校61チームが熱戦を繰り広げる。新型コロナウイルス感染症の影響が続く中でもひた向きに練習を重ね、最後の夏に懸ける注目の3年生を投打に分けて紹介する。

「2022年群馬県高校野球大会」のチーム紹介はこちら

三塚琉生(桐生第一) チームの精神的支柱

 3番・中堅で恵まれた体格から長打を量産する。春の県大会では本塁打2本に加え、毎試合安打を記録するなど打線をけん引。100人を超える大所帯の主将も担い、この夏に懸ける。

 昨年までノーステップ打法だったが、...