旅館「旅邸 一人十色」の外観
広々とした屋内

 空き家を改装した1棟貸し切りの旅館「旅邸 一人十色」が8日、群馬県安中市の磯部温泉で営業を開始した。アフターコロナを見据え、家族、友人ら小グループで利用する個人客をターゲットにした。景気後退やコロナ下で団体客が減少した温泉街に新たな層を呼び込み、地域の活性化を図りたいとしている。

 建物は木造2階建てで、1960年ごろから40年ほど旅館として営業していた。旅館廃業後、住宅として増築、改装したが利用されないまま空き家となっていた。宿泊施設の集客プロデュースなどを手掛ける「ハイパークリエーションアルファ」(依田沙希代表)が隣接する敷地でカフェや事務所を設けていたことから、地域活性化のために空き家を再生して宿泊業に参入することにした。

 宿泊は1日1組限定で最大8人滞在可能。他の宿泊客を気にすることなく、新型コロナの感染リスクを抑えることができる。温泉は引いていないがヒノキ風呂を新たに設置。ワーケーションに利用できる客室も備えた。温泉マーク入りの卓球台や84インチのスクリーンとプロジェクターなども用意した。

 大型コンロを備えたキッチンのほか、調理器具や食器がそろっており、宿泊者が自由に調理できる。庭先でバーベキューも楽しめる。プランは素泊まり(8人以上利用時1人9900円~)と朝食付(同1万1000円~)のみだが、将来的には市内の食肉業者や飲食店と連携して、手ぶらでバーベキューが楽しめる宿泊プランも計画している。

 依田代表(42)は「地元の店や業者もつなぎ、人の流れを創出したい。磯部に人が集まる拠点になれば」と話している。

 予約は旅館のサイトで受け付けている。問い合わせは同旅館(☎027・381・6073)へ。