不動大橋を走行する白バイ

 夏の県民交通安全運動(11〜20日)を前に、群馬県警交通部、吾妻、長野原両署が8日、長野原町の「道の駅 八ツ場ふるさと館」で合同の出動式を行った。荒船和男交通部長や、萩原睦男町長ら約60人が出席。観光シーズンを前に、交通事故防止に向けた思いを新たにした。

 視閲官を務めた長野原署の近藤和哉署長は「本格的な夏を迎え、ツーリング客や観光客による事故の多発が懸念される」と指摘。「交通ルールとマナーの遵守を呼びかけ、悲惨な事故を一件でも減らしていきたい」と力を込めた。萩原睦男町長は「吾妻の東部と西部がしっかりと手をつなぎ、交通安全の輪を広げていきたい」と話した。

 続いて指揮官を務めた同署の六本木貞男交通課長が出動を宣言。県警音楽隊のカラーガード隊の先導で、パトカー4台と白バイ10台が出動した。
出動式には熊川栄嬬恋村長と後藤幸三高山村長も出席した。式後には音楽隊によるミニコンサートも同所で開かれ、訪れた観光客らを楽しませた。