参院選中に演説していた安倍晋三元首相(67)が銃撃され死亡する衝撃的な事件に、各政党の群馬県内組織代表や幹部から8日、驚きとともに犯行への怒りの声が上がった。一様に安倍氏に哀悼の意を表し、民主主義の根幹を揺るがす暴力に抗議した。

 自民党県連の小渕優子会長は「何とか一命を取り留めてほしいと心から願っていたが、逝去の知らせに接して信じられない思い」とコメントし、冥福を祈った。同時に「選挙戦の最中に起きた卑劣な蛮行は決して許されず、あってはならないこと」と犯行を厳しく指弾した。

 公明党県本部の福重隆浩代表は「憲政に偉大な貢献をされたことに感謝し、心から冥福をお祈りする」と功績を評価。「自由な言論を暴力で封殺する卑劣な行為は許すことはできないし、断じて屈してはならない」と力を込めた。

 「事件の背景に何があるのかをよく注視したい」と捜査などの行方を見守るのは立憲民主党県連の後藤克己会長。「政治家に対する暴力行為が日本に広がらないことを願っている」と模倣犯の登場を警戒した。

 日本維新の会の県組織「群馬維新の会」の宮崎岳志幹事長は「大きな衝撃を受けている。選挙で演説中の政治家を狙うのは言論の自由や民主主義に対する攻撃で、絶対に許せない」と非難した。

 国民民主党県連の角田修一事務局長は「暴力で言論を封殺する行為は、民主主義の根幹を揺るがす許し難い蛮行」と民主主義への挑戦とも言える犯行に憤る。

 共産党県委員会の小菅啓司委員長は「自由な言論を封殺するだけでなく命までも奪う行為に強い怒りを覚える」と強調。社民党県連合の南雲鋭一代表は「武器が使われて人が傷ついた。日頃から武力で平和はつくれないと訴えているが、その思いを強くしている」と話した。

候補者陣営広がる動揺

 安倍晋三元首相が参院選の応援演説中に銃撃された事件を受け、県内各地で選挙活動中の候補者陣営にも8日、動揺が広がった。

 「許されることではない。選挙活動をしている立場からしても恐ろしい事件」。ある陣営幹部は憤りをあらわにした。銃撃のニュースは候補者が街頭活動をしている最中に飛び込んできた。この陣営は今後、街頭演説をする際、警備のために見張りの人数を増やす対応を取るという。

 一方、別の陣営幹部は武力で言論の自由を奪うことは許されないとして「堂々と有権者の皆さんに訴えていきたい」と街頭演説を変わらず続ける考え。別の陣営も、党本部から9日の選挙活動中止の推奨もあったが「暴力に屈してはいけない」と街頭に立つ予定だ。