参院選の選挙戦最終日となった9日、群馬選挙区(改選数1)に立候補しているNHK党新人の小島糾史氏(46)、政治団体「参政党」新人の新倉哲郎氏(43)、自民党現職の中曽根弘文氏(76)=公明党推薦、無所属新人の白井桂子氏(60)=立憲民主党推薦、共産党新人の高橋保氏(64)は大型商業施設や駅前など人の流れが多い場所を巡り、「最後のお願い」に力を込めた。

スクランブルの実現へアピール 小島氏

 小島氏は午後4時ごろ、高崎市のJR高崎駅西口に立ち、NHKのスクランブル放送実現や減税を主とした経済政策を訴えた。来秋にNHKの委託訪問制度が変わるとし「NHK党が訴え続けた成果だ」と通行人らにアピールした。

 これまで消費税を引き上げてきたとして政権への批判を強め、物価高の中で改めて消費税の引き下げを主張。前橋、高崎、渋川の3市を巡った。

 福中輝信選対本部長の話 SNSなどの活用で、これまで選挙に興味がなかった層に党名や政策を広げられ、比例票の開拓につながったと感じている。

教育環境の充実食や国防で持論 新倉氏

 前橋、高崎両市を遊説した新倉氏は道の駅や大型商業施設などを最終日の演説場所に選び、教育環境の充実、食と健康、国防の重要性を訴えた。

 午後4時過ぎ、高崎市のJR高崎駅西口では、「正しいことは正しい、間違っていることは間違っていると言う政党が今の日本にはないから政治が悪くなっている。国政政党になって政権与党に一石投じたい」と声を張り上げた。

 木野本雅也選対本部長の話 特定の支援団体も資金源もない中、同じ思いを持った普通の国民が集まり、知恵を出し合って活動することができた。

6期実績踏まえ「今後も仕事を」 中曽根氏

 中曽根氏は午後5時半過ぎ、高崎市のJR高崎駅西口で最後の街頭演説に立った。新型コロナウイルスや物価高、ウクライナ侵攻などを挙げ、「内憂外患の今、大切なのは政治の安定」と強調。国民の命と暮らしを守るため、防衛力強化の必要性を訴えた。

 また、6期36年の実績を踏まえ「日本の未来を担う子どもたちの健全育成のために今後も仕事をしていきたい」と語った。

 清水真人選対本部長の話 今こそ経験豊富な中曽根弘文氏が必要だと訴えた。対野党ではなく今後取り組みたいことを話した。気持ちが届いたと信じている。

教育の無償化や児童手当で主張 白井氏

 白井氏は午後5時半からの前橋市内での最後の街頭演説で、防衛費を増額するのではなく、消費税の減税や教育・給食費の無償化、児童手当の充実に予算を使うべきだと主張した。

 「物価が上がっているのに年金は下がった。生活必需品を中心とした今の物価高やガソリン価格の高騰は、政府の無策によるものだ」と述べて、庶民や生活者目線の政治の実現を力強く訴えた。

 佐藤英夫選対本部長の話 連合群馬が初めて主体となった選挙で、多くのご支援を頂いた。弱い立場にある人のための政策を訴えた。あとは結果のみだ。

平和外交重視や消費税減税主張 高橋氏

 午前11時45分ごろ、前橋市内のショッピングモールで演説した高橋氏は「軍事費を増やしたら、国民生活が圧迫されることは目に見えている。今度の選挙は平和と暮らしの両方がかかっている」と訴えた。

 安全保障に関して、武力ではなく、話し合いによる平和外交を重視するべきだと強調。経済政策では「まずは国民の懐を温めるのが先」と消費税の減税や最低賃金引き上げを主張した。

 小菅啓司選対本部長の話 軍拡でなく憲法を生かす外交と、物価高から暮らしを守るという二本柱でかみ合った議論になった。党の役割を浮き彫りにできた。