髪を失った子どもに医療用ウィッグを贈る「ヘアドネーション活動」に協力しようと、前橋元総社北小2年の利尾琳子さん(7)が髪の毛を約40センチ切った=写真

 前髪以外は生まれた時から伸ばし続けてきたという利尾さん。七五三を終え、プールの授業が始まったタイミングもあり、はさみを入れることにした。

 伊勢崎市内の美容院で腰まで伸びた髪を切り、「(髪は)どんな子に届くか分からないが、使ってほしい」とはにかんだ。母親の清香さんは「人生と一緒に歩んだ髪。ただ切るより、活用してもらえたらいい」と話した。

 切った髪はウィッグの無償提供活動を行う県外の美容院に送った。