SDGs(エス・ディー・ジーズ)を知っていますか?

 聞いたことはあるが、よくわかっていないという人も多いと思います。SDGsは「持続可能な開発目標」のこと。2015年の国連サミットにおいて193加盟国の全会一致で採択されました。

 「誰ひとり取り残さない」という、かっこいい理念のもと、30年までに達成することを目指した、未来をつくる17のゴールが掲げられています。ゴールは、1の「貧困をなくそう」から始まり、17の「パートナーシップで目標を達成しよう」まで、いわば「世界レベルの約束ごと」です。

 今年に入って『ソトコト』は、環境省とともに「SDGsローカルツアー」を行いました。ぼくが全国を回りながら、参加者とSDGsや、「地域循環共生圏」について楽しく語り、未来への思いを共有していくプロジェクトです。

 SDGsは、グローバルな視点に重きが置かれがちですが、日本の地域で個人が柔らかくカジュアルに実践していくことが大切であり、おもしろいのです(ソファに寝たままSDGsに取り組める「ナマケモノにもできるアクション・ガイド」が国際連合広報センターのホームページに載っていて、おすすめです)。

 例えば、「貧困をなくそう」はアジア、アフリカの途上国の課題のようでいて、日本でも目に見えづらい、隠れた貧困は広がっています。地元の野菜や食材を使って、小さな子どもから年配の方々までが集まり、和める「子ども食堂」のようなローカルプロジェクトが、自然なかたちで地域から世界を変えていきます。

 みなかみ町と同様に「SDGs未来都市」に指定されている北海道下川町は道北の内陸の町で、海がありません。それでも、町の皆さんで議論を深め、14の「海の豊かさを守ろう」を達成するために、「海から遡上(そじょう)するサクラマスが産卵できる美しい川の環境を守ることが、海の豊かさを守ることにつながる」という考えに至りました。

 「SDGsローカルツアー」で訪れた各地の会場には、若い女性が大勢、参加してくれました。5の「ジェンダー平等を実現しよう」は、達成に向けて日本が特に出遅れている目標です。農業を行っている移住者の女性、いままさに子育て中のお母さんなど、皆さんが強い興味を持たれていたのが、「自分と家族や仲間、大好きな地域の未来」でした。

 未来というと遠くに思われるなかで、ぼくは「近い3年後や5年後、自分や地域はどうなっていたいか」を考え、そのためにいま、どんなことをしたらよいかを逆算していくことをお伝えしています。これは、「バックキャスト」と呼ばれ、未来を起点とする思考です。地域という等身大の環境で、ちょっと先の自分たちを想像し、豊かな暮らしをつくっていく。そう、SDGsはお隣にあるのです。



ソトコト編集長 指出一正 東京都世田谷区

 【略歴】雑誌「Rod and Reel」編集長を経て現職。「関係人口」を提唱し、内閣官房や環境省の委員も務める。高崎市出身。高崎高―上智大卒。

2020/03/19掲載