12日午前11時10分ごろ、群馬県藤岡市東平井の運送会社敷地内で、福島県須賀川市のトラック運転手の男性(63)が、倒れてきた合板を避けようとして転倒した。男性は藤岡市内の病院に搬送され、左大腿(だいたい)骨骨折の重傷。

 県警藤岡署によると、男性は当時、1人でトラックの荷台で荷物の搬入作業をしていた。荷台に立てかけた合板を移動しようとしたところ、何らかの原因で倒れてきたという。合板を避けようとバランスを崩して転倒した。男性が起き上がれないことに気付いた運送会社の社員が同11時50分ごろに119番通報した。

 同署が詳しい事故原因を調べている。