現代美術作家、河内世紀一さん(81)=伊勢崎市=の個展が17日まで、群馬県前橋市文京町の画廊翠巒(すいらん)で開かれている=写真。キャンバスいっぱいに幾つもの円を描いた作品27点に、来場者は感心したように見入っている。

 円を長年描き続けている河内さんは、フリーハンドで縦に鉛筆で引いた線の上に、横串を通すように水彩絵の具などで円を重ねて作品を仕上げる。同じ描かれ方をした作品が、色使いや描き順の違いで全て違った表情を見せる。

 同画廊の梅津宏規さんは「こういった絵画の世界もあるということを新鮮な気持ちで楽しんでほしい」と話している。

 午前10時半~午後7時(最終日は同5時)。問い合わせは同画廊(☎027-223-6312)へ。