新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた群馬県の観光支援事業「愛郷ぐんまプロジェクト」(県民割)について、山本一太知事は14日の定例会見で、同日までとしていた期間を8月末まで延長すると発表した。感染の急拡大を受け、政府が「全国旅行支援」の開始を延期したための措置。割引内容や利用条件、相互利用できる都県に変更はないという。

 延長について、山本知事は「感染状況、特に医療提供体制の状況を考慮すると、現段階では行動制限を行わず、十分に地域の経済活動を回していけると考えている」と述べた。

 愛郷の利用は、登録された県内宿泊施設への宿泊(1人1泊6600円以上)や、日帰りツアー(1人1万円以上)が対象となる。新型コロナワクチンを3回接種しているか、検査で陰性を証明できる場合に、1人1泊の宿泊費が1万円未満で3000円を、1万円以上で5000円を補助する。

 対象となるのは本県に加え、福島、茨城、栃木、埼玉、神奈川、千葉、新潟、山梨、長野の9県の県民。