ビックカメラ高崎の(左から)藤田、上野、内藤の3選手が出演する動画の一場面

 群馬県高崎市は、動画投稿サイト「ユーチューブ」の市公式チャンネルで、女子ソフトボールのビックカメラ高崎3選手が交通安全を啓発する動画を公開している。ユーモアを交えながら、反射材着用や横断歩道での歩行者優先、自転車マナーの向上などを訴えている。

 動画は上野由岐子、藤田倭、内藤実穂の3選手が出演。人形のキャラクターと一緒にラップ調で、「夕暮れ時は明るい服装、反射材」「自転車はヘルメットかぶって、保険加入」などと呼びかける。「(守備の)レフトじゃないよ、ライト(点灯)だよ」「バッターボックスでもヘルメット着用」など、コミカルで親しみやすいシーンもある。

 動画は市と家電量販店大手のビックカメラ(東京都)、子会社のコジマ(宇都宮市)が昨年締結した包括連携協定に基づいて制作した。