15日朝に一部区間で運転を見合わせたJR信越線について、JR東日本高崎支社は、上下9本の電車が区間運休し、上下2本に最大51分の遅れが生じたと発表した。乗客約3100人に影響した。

 同支社によると、信越線は横川―西松井田間の架線にサクラの木がかかり、午前6時15分ごろから、横川―安中間の上下線で運転を見合わせた。木を伐採し、午前10時5分に運転を再開した。