群馬県職員が飲酒運転したとされる事件で、前橋地検は11日、道交法違反(酒酔い運転)の罪で、県中之条土木事務所の男性職員(58)=みなかみ町=を前橋地裁に在宅起訴した。 

 起訴状によると、6月8日午後1時10分ごろ、沼田市の道路で酒に酔った状態で乗用車を運転したとされる。県は処分を検討中。