感謝状を受け取る黒沢さん(左)と笠倉さん

 群馬県上野村の巨大つり橋「上野スカイブリッジ」から飛び降りようとしていた女性を助けたとして、藤岡署は20日、共に同村の会社員、黒沢遼太さん(27)と笠倉仁さん(48)に感謝状を贈った。

 2人はつり橋を中心とした「天空回廊」エリアで働いている。同署などによると、黒沢さんは6月29日午後、つり橋の中央付近を行き来する県内在住の50代女性を発見。気にかけていたところ、同5時ごろ、女性は橋の欄干にまたがり、飛び降りようとした。

 とっさに黒沢さんが体を押さえ、笠倉さんは女性に話しかけるなど対応。110番通報して駆け付けた署員が保護し、女性は家族に引き渡せたという。

 藤岡市の同署で贈呈式が開かれた。青木修署長は「様子がおかしいと気付き、行動に移せたことが人命救助につながった」と感謝。黒沢さんは「助けなきゃの一心だった。最悪の事態を防げてうれしく思う」と話し、笠倉さんは「これからも気になる人は目を離さないよう意識したい」と語った。