群馬県警富岡署は22日、道交法違反(無免許運転)と有印私文書偽造・同行使の疑いで、高崎市の会社員の男=当時(51)=を逮捕した。

 同署の発表によると、逮捕容疑は昨年8月、富岡市内で軽乗用車を無免許運転した疑い。さらに同じ日、警察官から道交法違反(運転免許不携帯)の疑いで調べられた際、無免許運転の発覚を免れるため、交通反則切符の供述書氏名欄に兄の名前を記載して提出した疑い。