水槽の中を確認する田村代表

 「天空の水族館」と銘打った移動水族館「ORA SKY AQUARIUM(邑楽スカイアクアリウム)2022」が23日、群馬県邑楽町シンボルタワー「未来MiRAi」で始まる。関係者らを対象にした内覧会が22日開かれた。

 地上35メートルに設けられた水族館には21の水槽があり、ハリセンボンやカエルアンコウ、カブトガニなどの他、オオグソクムシも展示している。

 イベントなどを手がける「hachidori(ハチドリ)」が主催。同タワーの活性化のため、一定期間無償で貸し出す町のトライアル・サウンディング事業を活用した。田村友莉香代表(同町中野)は「海なし県だが、身近な地元で海の生物を見て楽しんでもらえたら」と話している。

 9月25日まで。入館料金は中学生以上が500円、2歳以上が400円。祝日を除く月、火曜休館。問い合わせは同タワー(☎0276-88-8686)へ。