警察官を目指す人に仕事への理解を深めてもらおうと、群馬県警は23日、前橋市の県警察学校でオープンキャンパスを開いた。午前の部には76人が参加し、感染対策をした上で模擬授業を受けたり、白バイの走行訓練を見学したりした。

 鑑識課の警察官の指導の下、参加者は指紋採取を体験=写真。空き瓶にアルミニウム粉末をまぶして、自分の指紋を写し取った。現場の警察官が参加者の疑問などに答える、フリートークの時間もあった。

 利根商業高3年の山崎結菜さん(17)は「警察官になりたいという気持ちがより大きくなった」と話した。

 県警は来春採用する警察官の試験申し込みを27日から受け付ける。問い合わせは警察官採用推進室(フリーダイヤル0120-449-803)へ。