初出演の谷村新司さん(ⓒ堀隆弘 高崎音楽祭事務局提供)
世界で注目される女性指揮者の西本智実さん(ⓒ堀隆弘 高崎音楽祭事務局提供)

 さまざまな音楽公演が集中する「高崎音楽祭」が10月1~16日、群馬県高崎市の高崎芸術劇場などで開かれる。主催する同祭委員会(児玉正蔵会長)と市は23日までに、過去最多となる19公演の出演者を発表した。群馬交響楽団の公演を無料招待とするほか、歌手の谷村新司さんや世界で活躍する女性指揮者の西本智実さんらが出演する。

 公演はクラシックやロック、ポップス、ジャズ、邦楽など幅広い。同劇場の大友直人芸術監督が指揮する初日の開幕演奏会を抽選で無料招待とする。応募は往復はがきでラジオ高崎内同祭事務局(〒370―0849 八島町265)へ。今月31日必着。

 音楽祭初登場の谷村さんの公演は8日午後3時から。市少年少女合唱団約30人との共演もある。西本さんは2日午後4時から、自らが芸術監督を務める楽団を指揮する。

 作曲家、吉田ゐさおさんプロデュースの「こどもコンサート」(15日午前11時半、午後3時半)、雅楽奏者、東野珠実さんの演奏会(2日午後2時)もある。ともに同市出身。

 今年で33回目。チケット販売は28日から。問い合わせは同祭事務局(☎027-322-9195)へ。