ここ数年、常に県大会4強、8強に残り、シード校として戦う利 根商とノーシードから勝ち上がった桐生商との対戦。桐生商の高橋正志監督は利根商の福田治男監督が桐生第一の監督時代にコーチとして一緒に日本一のチームをつくり上げた。師弟対決である対戦で同じようなチームづくりをしてくる中で攻撃にどのような差が出るか注目した。

 攻撃は利根商が個々の力で上回った。利根商の打者はセンター中心に逆方向に打つ打撃が徹底できていた。桐生商は勢いはあったが、打ち勝とうとする意識で少し大振りだったように見える。

 この試合の分かれ目は...