桐生第一-樹徳 5回表桐一2死二、三塁、田村淳の右前打で三走三塚(右)に続き、二走三森(中央)も一気に本塁を突き5点目=上毛新聞敷島
桐生第一-樹徳 3回裏樹徳無死、先頭の亀井が中越え三塁打を放ち、塁上でガッツポーズ

 秋の県大会を制した桐生第一。王者として臨んだ春は準決勝で敗退し、再び頂点を奪い返そうと臨んだ今大会。相手を上回る14安打を放ったが、春と同じベスト4で戦いの幕が閉じた。

 逆転で4点リードした直後の五回裏、「4失点してしまったのが一番の敗因」と今泉壮介監督は悔しさをかみしめた。

 下位から始まる相手打線。先頭打者に安打を許し、その後も三連打を浴びるなどで、あっという間に同点に。「逆転で点差も離れ、ほっとした部分もあった。相手にそこを付け込こまれた」とエース北村流音(りお)は唇をかんだ。

 その後も北村は土まみれの真っ黒となったユニフォームで雄たけびをあげながら力投したが、...