店内で手作りしている種類豊富なパン
購入したパンや飲み物を味わえるイートインスペース

 商業施設などが続々開業している前橋赤十字病院跡地の「ココルンシティまえばし」(前橋市朝日町)に7月、カフェを併設したパン店「ベーカリーカフェ プラリネロゼ 前橋店」がオープンした。パンやドリンクなど約100種類を販売し、ゆったりとした雰囲気の客席で焼きたてを味わう利用客でにぎわっている。

 自家製カスタードを使った優しい甘さのクリームパン(税抜き200円)や、濃厚なバターチキンカレーパン(同210円)などがお薦めで、滑らかな食感の食パン(同1斤340円~)も人気。パンによって小麦粉の産地や生地の製法を変えているという。

 150平方メートルほどの店内は白を基調にした明るい雰囲気。客席は40近くあり、購入したパンのほか、入れたてのコーヒー、スープなどを注文できる。

 プラリネロゼは昨年8月まで高崎オーパで営業。今年7月、現在地で新たにオープンした。社長の細谷和利さん(48)は「訪れた人がゆったり過ごせる空間をつくりたいという理想がかなった。パンやコーヒーを楽しんでほしい」と話す。細谷さんが創業したプラリネは、群馬県内でパン店などを展開している。

 店内には前橋市内で介護事業を行うNPO法人三和会が、市の委託を受けて認知症に関する相談窓口「iba-sho」(いばしょ)を開設。毎週月、水、金曜の午前10時~午後3時、家族や当事者らの相談を無料で受け付けている。事前予約は不要で、三和会は「症状や生活の困り事など、認知症に関することを気軽に聞いてほしい」と呼びかけている。

■プラリネロゼ前橋店

住所   前橋市朝日町3丁目21-11-2
営業時間 午前9時~午後7時
定休日  なし
電話   027・226・5655